【2019年版】ANA国内線で無料で機内持込み可能なサイズ・重量まとめ

料で持ち込める手荷物のルールは?

飛行機に乗るときに以外とわからないのが「どれくらいの荷物なら機内に持ち込めるの?」ということですよね。

楽器やお土産など、壊れやすいものがあれば、できるだけ機内に持ち込みたいと思います。

ということで今回はANA国内線を利用する際の手荷物の持ち込み規定についてまとめました!

【この記事でわかること】

  • 無料持ち込み手荷物のルール
  • 無料で預けられる手荷物のルール
  • オーバーした場合の超過料金

以上の3点についてまとめています。

※国際線のルールはこちら▽

【ANA国内線】大きさ・重さ・個数

ANA国内線で無料で機内持ち込みできる手荷物は下記の通りです!

  • 手荷物1個
  • 身の回り品(ハンドバックやカメラ)1個
  • 上記の2個の合計が10kg以内

ただし!

キャリーバッグの場合は各辺の長さに細かい規定があります。これは機体の収納ボックスに収めるためのルールなので、キチンと守りましょう。

座席の数(機体の大きさ)によって規定が違う点にも注意が必要です!

飛行機の座席が100席以上の場合

サイズ 各辺:55cm×40cm×25cm以内
合計:115cm以内
合計重量 10kg以内

つまり、1辺の長さをMAXで考えるのではなく、各辺の規定を守りながら、長さの合計を115cm以内にする必要があります。まず、各辺の上限を足すと全部で120cmになりますよね。でも合計は115cm以内までです。

また、この長さは付属品(ハンドル、ポケット、キャスター等)を含んだサイズです!

飛行機の座席が100席未満の場合

サイズ 各辺:45cm×35cm×20cm以内
合計:100cm以内
合計重量 10kg以内

飛行機の座席が100席未満の機体は収納ボックスが小さくなるため、サイズも少し小さくなるので注意しましょう!

【ANA国内線】無料で預けられる荷物のルール

「機内に持ち込めるサイズをオーバーしていた…」という場合は預け入れ手荷物に預けましょう。

預け入れ手荷物の場合は機内持ち込みの規定よりもゆるいです。

重量 ■プレミアムクラス
40kgまで無料
■普通席
20kgまで無料
サイズ 3辺の合計が203cm以内
個数 重量・サイズを満たしていれば制限ありません。

スターアライアンス・ゴールドのメンバーの場合はサイズ・個数の規定は変わりませんが、重量が+20kgになります。

つまり、プレミアムクラスの方は60kgまで無料、普通席の方は40kgまで無料です。

▷ANA公式:無料でお預かりする重さ・サイズ・個数(国内線)

【ANA国内線】預け入れ規定オーバーの超過料金

20kg(プレミアムクラスの場合は40kg)を超え100kgまでの手荷物は重量超過手荷物料金として下記の料金がプラスされるので注意しましょう。

超過重量
(1kg未満は切り捨て)
全国一律
(一部路線を除く)
一部路線
1~10kg 2,500円 1,500円
11~20kg 3,500円 2,500円
21~30kg 4,500円 3,500円
以降10kg毎 +1,000円 +1,000円

※一部路線→北海道内路線、東京(羽田)=八丈島、福岡=対馬/五島福江/宮崎、長崎=対馬/壱岐/五島福江、沖縄(那覇)=宮古/石垣

【ANA国内線】オーバーしたものを機内持込みする場合の追加料金

規定オーバーしてし待った場合で「どうしても機内に持ち込みたい!」という場合はもうひとつ座席を購入することで持ち込むことができるようになります。

『特別旅客料金』というシステムで、1人で2席分の座席を購入する形になります。

値段は下記の通りです。

普通席 11,500円
(一部路線は6,300円)
プレミアムクラス 19,900円
(一部路線は14,700円)

手荷物を持ち込むだけにしてはかなり高額なので、できるのであれば預け入れ手荷物に預けましょう。

▷参照:ANA公式:旅客特別料金について

まとめ

特に注意するべきなのは、機内持ち込みする場合の3辺のサイズと合計ですね。

今回の記事は国内線でしたが、国際線のルールは若干違うので、国際線を利用する方は下記の記事を参考にしてください!▽

1辺でも規定を超えると、座席上部の収納ボックスに入らなくなるので注意しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です