【仕組み図解】副業・ネットで稼いでいる人って何やってるの?ほんとに稼げるの?を図解してみた

読者Aさん
読者Aさん
ネットビジネスって怪しい…。本当に稼げるの?
情報弱者を騙してるだけじゃないの…?
しんのすけ
しんのすけ
こんにちは、フリーランス5年目のしんのすけです。
ネットビジネスは怪しむのは大正解です。人を騙そうという人は実際にいますから。
この記事ではネットビジネスのどこで収入が発生するのか?の仕組みをわかり安く解説します。

収入の発生の仕組みを解説すると同時に、怪しい人たちがやっている手口も一緒に解説します。

この記事でわかること

・ネットでお金が発生する仕組みを解説
・詐欺のような商売をしている人たちの仕組みを解説
・副業やネットビジネスで騙されないコツを紹介
・ネットビジネスを始めるにあたって知っておくべきことを紹介

ネットでの稼ぎ方8つを徹底的に解説

ネットビジネスの定義は「インターネットを使ってビジネスをする」なので、今や8割以上の仕事がネットビジネスだと思います。

この記事では個人でネット上で稼ぐ方法と、その仕組みを徹底的に解説していきます。

今回紹介するのは下記の8つです。

  • ブログ
  • アフィリエイト
  • クラウドソーシング
  • プログラミング
  • Webデザイン
  • せどり・転売
  • Youtube
  • コンテンツビジネス

ブログ

おすすめ度:★★★★★
難易度:★★★☆☆
初期コスト:約1,500円
維持コスト:約1,000円~/月
収益源:アドセンス広告、自社コンテンツ
【身につくスキル】
・Webサイト作成スキル
・Webマーケティングスキル
・SEOスキル
・ライティングスキル

1つ目はブログ。

ブログの収益源はアドセンス広告と言われるGoogleなどが提供する広告が主な収入源となります。

Googleアドセンスでは読者ごとに興味のある適切な広告が表示されるようになっています。

そのため、ブログ運営者はブログのアクセスを集めることだけに集中できます。

  • 時事ネタ
  • マンガの考察サイト
  • 科学系のトリビアサイト
  • 育児日記
    etc…

などなど人が興味のありそうなことをブログで書き、アクセスを集めるのが主な方法になります。

広告は1クリックあたり1円〜30円など広告の種類によって異なります。

ブロガーで有名なのはちきりんさんとか辻ちゃんとかですね。

ちきりんさんはブログの収益などを発表しているので、初心者の方は参考にしましょう。

ブログはアクセスが集まり、ファンがつけば『資産』となって不労収入を得ることができます。(もちろんメンテナンスや更新は必要です。)

ちなみにブログでは自社コンテンツも販売することができます。

詳しくは『コンテンツビジネス』の項目で紹介しますね。

アフィリエイト

おすすめ度:★★★★☆
難易度:★★★★★
初期コスト:約1,500円
維持コスト:約1,000円~/月
収益源:アフィリエイト広告
【身につくスキル】
・Webサイト作成スキル
・Webマーケティングスキル
・SEOスキル
・ライティングスキル
・セールスライティングスキル

2つ目はアフィリエイト。

アフィリエイトは商品を紹介するサイトです。

ブログはアクセスを集めることに集中すればOKですが、アフィリエイトの場合は、読者さんに商品を購入してもらうことをゴールとしたサイトです。

例えば、

  • 英語スクールの紹介
  • クレジットカードの紹介
  • プログラミングスクールの紹介
  • 美容系商品の紹介
  • ビジネス本の紹介
    etc…

などなどのアフィリエイトサイトがあります。

商品を魅力的に紹介したり、リンクから商品を購入してもらうためのセールスライティングスキルが必要になります。

そのため、ブログより難易度は高めです。

ただし、広告によっては1件あたり2,000円〜8,000円などの高額なものもあります。

たとえば楽天カードのアフィリエイトは1件1,500円です。

クレジットカード初心者は年会費無料で発行できる楽天カードがオススメです。

入会するだけで2,000円相当のポイントがもらえるので発行するだけでお得です。

発行はこちらから↓

↑これがアフィリエイト広告ですね。

ここから購入すると僕に1,500円のキックバックがあります。※具体例として出したので発行してくれという意味ではないです!

アクセスが集まれば不労所得という形で収入を発生させることができます。

クラウドソーシング

おすすめ度:★★★★★
難易度:★★☆☆☆
初期コスト:0円
維持コスト:0円/月
収益源:クライアント案件
【身につくスキル】
・ジャンルごとのスキル
例)ライティング、プログラミング、デザイン、翻訳、アプリ開発、動画編集、画像編集など

3つ目はクラウドソーシングです。

クラウドソーシングとは、ネット上の仲介サイトに企業さんや個人が登録して仕事依頼を出し、フリーランスや副業をやっている人が仕事を受注するシステムのことです。

有名なサイトでいうと『クラウドワークス』『ランサーズ』があります。

スキマ時間にできるものや、案件によっては社会人のお給料ほどの金額をもらえるものもあります。

ただし労働集約型なので、不労収入ではなくお金は労働収入です。

しかし、ブログやアフィリエイトはサイトを作るのに時間がかかるのに対して、即金性が高いというメリットがあります。

また作業をしているうちにスキルが身につく仕事もあります。

僕自身もクラウドソーシングでお金を稼ぎながらセールスライティングのスキルやサイト構築のノウハウを学びました!

プログラミング

おすすめ度:★★★★☆
難易度:★★★★☆
初期コスト:0円(未経験者はスクールがおすすめ)
維持コスト:0円/月
収益源:クライアント案件
【身につくスキル】
・プログラミングスキル

4つ目はプログラミングです。

プログラミングは引く手数多で仕事には困らないスキルです。

契約形態によってはパソコンあれば世界中どこででも仕事ができる上、依頼単価も高いので学ぶ価値は十分にあるスキルです。

ただし独学でプログラミング言語を学ぶのはオススメしません

時間がかかりますし、間違った知識を覚えると仕事のミスにつながるからです。

もし未経験でプログラミングに興味がある方は、まずはプログラミングスクールに通って基礎を学びましょう。

そのあとにクラウドソーシングサイトで仕事を受注するという流れになります。

もしくは営業をして自分から企業さんに依頼を取りに行くというルートもあります。

興味がる方はTechAcademyのはじめてのプログラミングコース

CodeCampのプログラミングのオンラインスクールCodeCampなどを受講してみましょう。

プログラミングの専門学校を出ている方はそのままクラウドソーシングサイトから仕事を受注すればOKです。

ちなみに僕が海外で仕事をしていて一番見かけるフリーランスはプログラマーかもしれません。

Webデザイン

おすすめ度:★★★★☆
難易度:★★★★☆
初期コスト:0円(未経験者はスクールがおすすめ)
維持コスト:0円/月
収益源:クライアント案件
【身につくスキル】
・プログラミングスキル
・Photoshopスキル
・その他デザインツールスキル

5つ目はWebデザインです。

プログラマーが『仕組み作り』なら、Webデザイナーは『見た目作り』という感じです。

プログラマーと同じくプログラミングスキルが必要になります。(場合によってはPhotoshopなどだけでもOKなときもある)

仕事の取り方やルートはプログラマーと同じで、まずは基礎学習をして、それから仕事を受注するといった流れです。

未経験で興味がある方はTechAcademyのWebデザインコースをのぞいてみましょう。

せどり・転売

おすすめ度:★★☆☆☆
難易度:★★☆☆☆
初期コスト:???
維持コスト:???
収益源:仕入れ値と売り値の差額
【身につくスキル】
・ビジネスの基礎知識
・目利き

6つ目はせどり・転売です。

せどりには『店舗せどり』と『電脳せどり』の2種類があります。

『店舗せどり』とは、街にあるお店で商品を仕入れる方法で、『電脳せどり』とはネット上で商品を仕入れる方法です。

実は僕も過去にやったことがあります。

最近ではネットで販売できるツールが増えていますが、主な構造は下記の通りです。

種類 手順
店舗せどり 1.セール品や中古品を安く仕入れる
2.ネット上で仕入れ値より高く販売する
電脳せどり 1.オークションやネットショップで安く仕入れる
2.ネットショップで仕入れ値より高く販売する

具体例を見てみましょう。

ヤフオクで検索するとSONYの古いウォークマンが2,400円で出品されていました。

Amazonを見ると8,400円で取引されています。

8,400円ー2,400円=6,000円が粗利です。

ここから送料やAmazonでの販売手数料などが引かれて、手元に残るのはおそらく5000円弱です。

慣れてくるとどういう商品が売れやすいのか?とかがわかってきます。

ちなみに僕は月商45万円、月収25万円くらいになるまでせどりをやっていました。

ライターになってからはもうやってないですが、簡単で誰にでもできるビジネスですし、堅実に稼ぐことができます。

また「安く仕入れて、高く売る」というビジネスの基本を学びながら稼ぐことができます。

最近ではメルカリなどでも流行っていますね。

ただし、労働集約型で単純労働なのでモチベーションが保ちにくいです。

Youtuber

おすすめ度:★★★★★
難易度:★★★★★
初期コスト:0円
維持コスト:0円
収益源:Youtube広告
【身につくスキル】
・トークスキル
・ブランディングスキル
・YoutubeSEOスキル
・動画編集スキル
・発信力、影響力

7つ目はYoutubeです。

最近はブログのようにYoutubeで情報発信する人が増えてきたように思います。

僕も動画版のブログみたいな感じて使っています。

ちなみに広告を貼るためには条件を2つクリアする必要があります。

  • 過去12ヶ月の累計再生時間4,000時間
  • チャンネル登録者数1,000人以上

デメリットとしては、収益化までの根気が必要だったり、自分で企画・撮影・編集をしなければいけないので結構ハードルが高かったりします。

ただし、コンテンツとして成立すればかなり強力な収入源になるのは間違いありません。

2022年までに国内Youtubeの市場規模は579億円にまで伸びると予想されています。

画像引用元:動画広告市場、2020年には2,000億円突破!YouTubeを使った革命的WEBマーケティングの重要性 | YouTubeのことならYouTube総研

  • 「コンテンツが思い浮かばない」
  • 「人前に出るなんて恥ずかしい」
  • 「動画編集なんてできない」
  • 「カメラの前で一人で喋るなんて無理」

と、僕もいろんなハードルがありましたが、なんとか慣れてきました。人間の順応能力は恐ろしいものがあります…。

顔出ししたくない人は画像だけでもいいと思います。

ブログなどと組み合わせると強力な拡散ツールとして使うことができます。

コンテンツビジネス

おすすめ度:★★★★★
難易度:★★★★☆
初期コスト:???
維持コスト:???
収益源:仕入れ値と売り値の差額
【身につくスキル】
・セールスライティングスキル
・ブランディングスキル
・発信力、影響力

最後はコンテンツビジネスです。

聞き慣れない方も多いと思いますが、ネットビジネスを始めるならひとつのゴールがコンテンツビジネスだと僕は考えています。

コンテンツビジネスとはなにか?というと、自分のコンテンツ(商品)を作って販売するということです。

例えば僕も

  • Webマーケティングの仕組み化
  • コピーライティングスキル
  • 電子書籍

などのコンテンツを販売したりしています。

何かで成果を出す→ノウハウを体系化して販売する。というルートが王道です。

もちろんコンテンツは「これじゃないとダメ!」というものはありません。

需要がグッズでも音楽でも絵でも、なんでもOKです。

  • 筋トレ、ダイエット
  • ヨガ、マッサージ
  • イラストの書き方
  • 楽器の弾き方
  • 英語の覚え方
  • 文章の書き方
  • セミナーでの話し方
  • 写真の撮り方
  • 動画の編集方法

などなど、自分が得意なもの・好きなものをコンテンツにすることができます。

もちろんそのためには

  • 「どうやってお客さんを集めるのか?」
  • 「どうやってお客さんと信頼関係を作るのか?」
  • 「どうやってコンテンツを渡すのか?」

というようなことをWebマーケティングの知識を学ぶ必要があります。

でも、できるようになると、本当に『PC一台で好きなことをしながら生活する』ということが可能になります。

ネットで”稼げる風”を装っている人たちの裏側

ここまではネットで稼いでいる人たちの仕組みを紹介してきました。

一方で「ネットビジネスってなんか怪しい…」と思っている人も多いと思いますし、実際に怪しいことをやっている人はいます。

僕もフリーランス5年目なので、ある程度ネットビジネスの闇の部分も知っています。

それをシェアしていきます。

裏技系は全部ウソと思ってOK

まず、

  • 「誰でも簡単に月収100万円稼げます」
  • 「スマホで1時間作業するだけで30万円」
  • 「成功の方法、教えます」

みたいな人が販売している情報商材には絶対手を出さないでください!

考えればわかることですが、本当にそんな方法があって月収100万円稼げるのであれば全ての人が月収100万円です。

いわゆる『情報弱者ビジネス』です。

何も知らない人に、あたかも「これはまだ誰も知らない裏技です」みたいな話を持ちかけ、その気にさせてコンサル料を取るのです。

裏技系を売っている人たちの地獄絵図

詐欺商材は反社会勢力が加担しているものと、一般個人が販売しているものがあります。

反社会勢力が加担しているものであれば、一度詐欺商品を購入すると『リスト(名簿)化』されます。

そのリストが他のグループに回り「あなた、詐欺商品に騙されていませんか?本物の情報はこっちですよ。」というメールなどが来るそうです。

…こんなことやってお金稼いでる人、まじ神経疑いますわ。

あともうひとつ。騙された人が、騙す側に回るパターンです。

信じられないと思いますが、こういう人結構います。

じゃあどう見分けるのか?その方法をシェアしていきます。

騙されないために注意するべきこと

詐欺のような情報に騙されない方法は下記の通りです。

騙されないために注意するべきこと
・勧誘などはその場でOKせず、絶対に自分で調べる!
・SNSの発言に具体性がないなら無視!
・SNSでお金やブランド品をアップしている人は注意!
・「〇〇さんのおかげで成功しました!」というLINEの会話写真を載せてる人は注意!
・素人向けの投資、FX系はほとんど詐欺!

こんな感じです。

まずは絶対に自分で調べましょう!!!!!!!

例えば僕のこの記事を見て、自分の知らない情報があったら「なるほど〜」と思わずに「それってほんとに稼げるの?」と疑いましょうってことです。

もちろんこの記事は本当の情報を書いていますが、書き手だからこそ言えるのは「嘘の情報を入れようと思えば入れられる」ということです。

あと、バイナリーオ●ションとかFXで「成功しました」って言ってる若い人がいますが、ほぼ100%嘘と思ってOKです。

その人たちは投資で稼いでいるワケではなく、情報商材の販売で稼いでいるだけです。

投資のプロの話を聞けばわかりますが、利回りは投資に詳しい人でも3%~5%です。

投資の世界はそんなに甘くありません。

ネットビジネスで成果を出すための心がけ3選

ネットで稼ぐには「楽に稼ごう」としないことです!

逆を言えばきちんと自分を磨きつつ実践すれば本当に稼げる世界です。

その中でフリーランス5年目の僕が感じたネットビジネスの難しいポイント、踏ん張りどころをまとめてみました。

裏技を探さず、正しい方法で成果を出そう!

まず、ネットビジネスで稼ぐ方法はたくさんあります。

でも多くの人は最初から「ラクしたい」と思ってしまい、結果的に詐欺のような情報に引っかかります。

ブログ、アフィリエイト、クラウドソーシング、プログラミングなど、それぞれの情報を徹底的に自分で調べて正しい行動をすればちゃんと稼げます。

裏技はありません!

自分が決めた分野の勉強をして頑張れば、才能なんてなくても月30万円〜50万円くらいは稼げるようになります。

具体的な話は別の記事に書いています▽

自分の成長や成果・失敗を発信しよう

誰しもが最初の成果は0(ゼロ)です。信用もなければ信頼もない状態。

だからこそ、自分が何を頑張っているのかをTwitterなどで発信していきましょう!

偉そうに言ってますが、僕はこれをやってきませんでした。

「もう少し成果を出してから…!まだまだ自分なんて…。」と、上の人ばかりと比較してしまい、発信をしていませんでした。力を入れ出したのは最近です。

最近では下記のように中学生でもアフィリエイトやブログで収益をあげ、自分でコンテンツを作って販売しています。▽

月収100万円なんて大金を目指す必要はないんです。

自分が何を頑張り、どういう失敗をし、どういう成果を得たのか。

それを発信すればいいんです。

そこでファンが生まれ、商品販売につながります。

自分のコンテンツを作ること

僕がもっとも難しいと感じたのが、自分のコンテンツを作ることです。

「商品を作ってください」と言われても何を作ればいいかわからないですよね。

最初の商品をつくるのには1年以上かかったと思います。

結論からいうと、商品を作るコツは『他人の商品を購入して真似る』です。

もちろん丸パクリはNGです。

まずは自分が他人の商品を購入してみて、「なるほど、こういう商品が売れているのか。」と学び、自分なりにアレンジしていくことで商品をつくることができます。

完全オリジナルなんて最初からは無理です。

ネットビジネスで成果が出やすいマインドセット4つ

最後にネットビジネスで成果が出やすいマインドセットを僕の失敗体験からシェアしていきます!

うまくいっている人を見習う

1つ目は見習うこと、真似ることです。

成果が出ていないのであれば、うまくいっている人は見習いましょう。真似しましょう。

僕はこれがなかなかできませんでした…。

「真似るとかダサい!僕はオリジナルでいくぜ!」と思っていました。結果は散々。

お客さんの事ではなく、「個性を出したい」と自分の事しか考えてなかったのでうまくいきませんでした。

大抵成果が出てないときは、うまく行っている人が羨ましく思えて、嫉妬すると思います。

うまく行っている人を見たくないと思います。

でも、うまく行っている人は大きなヒントを与えてくれています!

自分と同じジャンルで活躍している人から学べることは全部自分の中にインストールしましょう!

自分の専門性を高めていく

2つ目は専門性を高めることです。

もし自分がヨガの教室を開きたいなら、ヨガに特化することです。

自分がプログラミングに特化したいならプログラミングに特化することです。

というのも、ハッキリしない人はお客さんから選ばれにくいんです。

僕は

  • 『ネットでお金を稼ぐ方法』
  • 『自己啓発』
  • 『ライティング』

という3つを組み合わせていますが、大きなテーマは「好きなことをしながら自由に生きる」です。

あれもできます!これもできます!と軸がブレるとイメージでいうなら

  • 『チェーン店居酒屋』
  • 『チェーン店ファミレス』
  • 『カレーや鍋を始める牛丼屋』

のようになってしまって強烈なファンがつきにくいのです。

自分が興味のある分野を取り組む

3つ目は少しでも自分が興味のあることを取り組むことです。

何よりも大切なのは『継続』です。継続できるのは、自分の興味があることです。

また興味があったり、自分が好きなことは『情熱』も湧いてきて、勝手に専門性が高くなっていくのでオススメです。

長期的な目線でコツコツを積み上げる

4つ目は長期的な目線で考えることです。

ネットビジネスを始めたからといって、スタートした次の日からサラリーマン以上の月収を叩き出せる訳ではありません。

ブログであれば自分の記事が上位表示され、読まれるようになるのはどんなに才能があっても最低3ヶ月はかかると言われています。

僕もクラウドソーシングを始めた頃は「まずは100円から」というマインドでやっていました。

その結果、数ヶ月後には30万円ほどの月収をクラウドソーシングだけでも稼げるようになりました。

裏技はありませんが、コツコツやっていれば確実に自分が成長して稼げるようになってきます。

まとめ

これから先の時代は、もっともっとネット上でお金を稼げぐ方法は増えていくと思います。

中学生でも稼げていると紹介したように、ネットビジネスの世界には理不尽な上下関係はありません!

努力が報われる世界です。

小さく初めて、コツコツと育てていきましょう!

よければ関連記事もどうぞ▽

2 件のコメント

  • 最初に有り難うございます。
    ネットビジネスの仕組みがわかりました
    いやあ、よくわからないので、
    魔法の様に思ってる人もいると思います
    投資すれば誰でも儲かるみたいな

    きちんと情報を知っていけば
    個人個人の特性を生かして、広がる世界(責任もありますが)が待っていると思いました

    あやふやなキャッチには、引っ掛からず
    この世界に来年はいられるといいなあと思います

    • コメントありがとうございます。

      投資の世界は本物と偽物がハッキリしてますよね…^^;

      僕もこの世界で頑張る覚悟なので、有益な情報をシェアしていきます!
      よかったら参考にしてくださいね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です