プライオリティパスが年会費無料でゲットできるクレジットカード一覧

ライオリティパスが無料付帯してるカード一覧!

世界140カ国以上の1,200箇所以上の空港ラウンジが利用できるプライオリティ・パス。

海外旅行に行くなら絶対1枚持っておいた方がいいです!

一般の混雑した場所で待つ必要がなくなり、飛行機の待ち時間をリラックスできる空間で、食べ物飲み物無料でゆったり過ごすことができます。

今回の記事ではプライオリティ・パスが無料で発行できるクレジットカードについてまとめました。

プライオリティ・パスが無料のクレジットカード一覧

プライオリティ・パスが無料でゲットできるクレジットカードはたくさんあります。

カードブランドごとにまとめると下記の通りです。

※下記のブランド名をクリックするとその項目まで自動スクロールします。

アメックス セディナ
ダイナース エポス
アプラス MUFG
JCB セゾン
三井住友カード 楽天
三井住友信託

アメックス(American Express)

ハイステータスの代名詞であるアメックスカードでは、プライオリティ・パスはプラチナカードクラスから無料付帯しています。

アメックス・ゴールドカードにもプライオリティ・パスは付帯していますが、ラウンジが無料で利用できるのは年2回までという制限があります。

無制限でラウンジが利用できるのはプラチナカード以上に付帯しているプライオリティ・パスです。

カード名 カード年会費
本会員
アメックス・センチュリオン 37万8,000円
アメックス・プラチナ 14万400円
ANAアメックス・プレミアム・カード 16万2,000円

全てのカードで家族カード会員もプライオリティパスが無料発行可能で、同伴者も1~2名まで無料です。しかも、家族カードの年会費は全て無料!

カード名 家族会員 同伴者特典
アメックス・センチュリオン 2名
アメックス・プラチナ 1名
ANAアメックス・プレミアム・カード 1名

ダイナース(Diners Club)

アメックスと並ぶハイステータスカードのダイナースクラブ。

ANA提携のものや、三井住友信託提携のカードなどがありますが、どれもプレミアムクラスのカードからプライオリティ・パスが無料付帯になります。

アメックスと同様に14万円以上するのでプライオリティ・パスだけを目的に発行するにはハードルが高いカードですね。

カード名 カード年会費
本会員
ダイナースプレミアム 14万400円
ANAダイナースプレミアム 16万7,400円
三井住友信託ダイナースクラブ プレミアムカード 14万400円
BMW ダイナースプレミアムカード 14万400円

同伴者無料特典はありませんが、家族カードは年会費無料で、家族カード会員もプライオリティパスを無料で発行できます!

カード名 家族会員 同伴者特典
ダイナースプレミアム ×
ANAダイナースプレミアム ×
三井住友信託ダイナースクラブ プレミアムカード ×
BMW ダイナースプレミアムカード ×

アプラス

2016年11月からアメリカから日本にやってきたハイステータスなクレジットカードです。

なんとカードはすべて金属製!
金属製に対応していないカードリーダーでは使えないことも多いとか…。

家族カードの値段も一般のカードレベルの年会費です。その分家族カード会員でもプライオリティ・パスが無料で発行できるという特典も付帯しています。

カード名 カード年会費
本会員
ラグジュアリーカード
(ゴールドカード)
21万6,000円
ラグジュアリーカード
(ブラックカード)
10万8,000円
ラグジュアリーカード
(チタンカード)
5万4,000円

同伴者は無料になりませんが、家族カード会員もプライオリティパスを無料発行できます。

カード名 家族会員 同伴者特典
ラグジュアリーカード
(ゴールドカード)
×
ラグジュアリーカード
(ブラックカード)
×
ラグジュアリーカード
(チタンカード)
×

JCB

馴染みのあるJCBカードでは年会費1万円クラスのカードからプライオリティ・パスを無料で発行することができます。

カード名 カード年会費
本会員
JCB THE CLASS 5万4,000円
JCBゴールド ザ・プレミア 1万6,200円
ANA JCBカード プレミアム 7万5,600円
JAL・JCBカード プラチナ 3万3,480円

JCBカードではJCBザ・クラスのみ同伴者特典が付いています。

家族カード会員はプライオリティパス無料で発行できるカードがないのが玉に瑕ですね。

カード名 家族会員 同伴者特典
JCB THE CLASS × 1名
JCBゴールド ザ・プレミア × ×
ANA JCBカード プレミアム × ×
JAL・JCBカード プラチナ × ×

三井住友カード

VISAカードで有名な三井住友カードではプラチナカードクラスからプライオリティ・パスが無料で付帯しています。

カードによっては無料の家族カードでもプライオリティ・パスが発行できたり、本会員のプライオリティ・パスで同伴者もラウンジが使えるカードもあります。

カード名 カード年会費(税込)
本会員
三井住友プラチナカード 5万4,000円
ANA VISA プラチナ プレミアムカード 8万6,400円
スルガVISAインフィニットカード 12万9,600円
スルガVISAプラチナカード 6万4,800円
提携形
VISAプラチナカード
(道銀、七十七、むさしの、北陸、九州カード、しんきん、福岡銀行)
5万4,000円

スルガVISAインフィニットカードは同伴者なんと4名まで、スルガVISAプラチナカードは同伴者が1名無料です。ただし家族カード会員はプライオリティパス発行はできません。

家族カード会員がプライオリティパスを無料発行できるのは、それ以外のカードになります。

カード名 家族会員 同伴者
三井住友プラチナカード ×
ANA VISA プラチナ プレミアムカード ×
スルガVISAインフィニットカード × 4名
スルガVISAプラチナカード × 1名
提携形
VISAプラチナカード
(道銀、七十七、むさしの、北陸、九州カード、しんきん、福岡銀行)
×

三井住友信託

三井トラストクラブが発行しているカードではプラチナカードクラスからプライオリティ・パスが無料で付帯しています。

カード名 カード年会費
本会員
TRUST CLUB プラチナ Visaカード 3万7,800円
三井住友トラストVISAプラチナカード 3万7,800円

家族カード会員もプライオリティパスを無料発行できるのは三井住友トラストVISAプラチナカードです。家族カードの年会費はいずれも無料です。

カード名 家族会員 同伴者
TRUST CLUB プラチナ Visaカード × ×
三井住友トラストVISAプラチナカード ×

セディナ

セディナカードではプラチナカードのみプライオリティ・パスが無料で付帯しています。

カード名 カード年会費
本会員
セディナプラチナカード 3万2,400円

セディナカードでは同伴者特典はなく、家族カード会員のプライオリティパス発行はありません。

エスポ

エポスカードではプラチナカードのみプライオリティ・パスが無料で付帯しています。

カード名 カード年会費
本会員
エポスプラチナカード 2万円

エポスプラチナカードでは同伴者特典はなく、家族カード会員もプライオリティパスを発行することはできません。

MUFG

MUFJ(三菱UFJニコス)ではプラチナカードでプライオリティ・パスを無料ゲットすることができます。

インビテーション(招待)で発行できるRecognized VIPでは家族カード会員も無料でプライオリティ・パスが無料。

しかもプライオリティ・パス1枚で同伴者1名も無料です。

カード名 カード年会費
本会員
Recognized VIP 2万1,600円
※利用額に応じて年会費変動あり
MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード 2万1,600円
JAL アメリカン・エキスプレス・カード プラチナ 3万3,480円

家族会員のプライオリティパス発行と、同伴者に関しては下記の通りです。

カード名 家族会員 同伴者
Recognized VIP 1名
MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード ×
JAL アメリカン・エキスプレス・カード プラチナ ×

セゾン

セゾンカードではプラチナカードのみプライオリティ・パスが無料で発行することができます。

またセゾンカードには出光、ダイワ、静銀、みずほなどの提携カードにもプラチナカードがあり、年会費は2万1,600円でプライオリティ・パスを無料で発行することができます。

カード名 家族会員 同伴者 カード年会費
本会員 家族カード
セゾンプラチナ・アメックスカード × × 2万1,600円 1人無料
(以降3,240円)

同伴者特典はなく、家族カード会員のプライオリティパス発行はありません。

楽天

楽天カードでは年会費たった1万円の楽天プレミアムカードでプライオリティ・パスを無料発行することができます。

クレジットカードの中でコスパよくプライオリティ・パスを発行するなら楽天プレミアムカード一択でOKです。

特に「プライオリティ・パスのみだけ欲しい」という方は、迷わず海外旅行保険も自動付帯の楽天プレミアムカードです。

>>楽天プレミアムカード公式ページで発行する

カード名 カード年会費
本会員
楽天ブラックカード 3万2,400円
楽天プレミアムカード 1万800円

家族カード会員はプライオリティパスを発行できませんが、楽天ブラックカードになると同伴者2名までが無料で一緒にラウンジを利用できます!

カード名 家族会員 同伴者
楽天ブラックカード × 2名
楽天プレミアムカード × ×

年会費が安いランキング(TOP3)

プライオリティ・パスが無料付帯しているクレジットカードで、年会費が安いカードランキングTOP3は下記の通りです。

カード名 カード年会費
本会員
楽天プレミアムカード 1万800円
JCBゴールド ザ・プレミア
1万800円
エポスプラチナカード 2万円

いずれも同伴者特典と家族カード会員のプライオリティパス発行無料はありませんが、圧倒的にコスパがいい!

楽天プレミアムカードとJCBゴールド・ザ・プレミアは年会費が1万円+消費税で同率です。

しかし、JCBゴールド・ザ・プレミアはカード発行のための条件があります!

JCBゴールド・ザ・プレミア発行条件

1.JCBゴールドカードを2年連続で年間利用額100万円以上
2.会員専用Webサービス『MyJCB』に受信可能なメールアドレスで登録

ですので、発行し易さで比べると楽天プレミアムカードが断トツで1位です!

>>楽天プレミアムカード公式ページで発行する

カードの将来性を考えるとJCBカードは『JCBザ・クラス』、楽天カードは『楽天ブラックカード』が発行できます。

グレードアップするとプライオリティ・パス1枚につき、同伴者もラウンジを無料で利用できるようになります!

年会費で考えると楽天ブラックカードの方がお得ですね。つまりプライオリティ・パスのみを考えるなら楽天プレミアムカードを使い続けるとその後もお得です!

カード名 家族会員 同伴者 カード年会費
本会員 家族カード
楽天ブラックカード × 2名 3万2,400円 無料
JCBザ・クラス × 1名 5万4,000円 無料

同伴者まで無料のクレジットカード

プライオリティ・パスの提示で利用できるラウンジは、基本的にカード1枚につき1人までです。

友達、恋人、家族などの同伴者と一緒に利用する場合は追加料金(32ドル)が必要になります。

しかし、クレジットカードによっては同伴者まで無料になるカードがあります。

カード名 家族会員 同伴者 家族カード
楽天ブラックカード × 2名 無料
JCB THE CLASS × 1名 無料
スルガVISAプラチナカード × 1名 無料
スルガVISAインフィニットカード × 2名 無料
アメックス・プラチナ 1名 無料
ANAアメックス・プレミアムカード 1名 無料
アメックス・センチュリオン 2名 無料
Recognized VIP 1名 無料

安定して3万円代で、同伴者2名まで無料の楽天ブラックカードがおすすめです。
ただしRecognized VIPは初年度は年会費が2万1,600円、2年目以降は年間利用額が300万円以下だった場合は年会費が5万4,000円になります。

家族カードもプライオリティ・パスが無料のクレジットカードri

次は家族カードにもプライオリティ・パス無料発行特典が付帯しているクレジットカードの一覧です。

家族カードは本会員の追加カードとして、審査なしで発行できます。

なので専業主婦や大学生などのハイステータスカードが発行できない方が家族カードによって無料でプライオリティ・パスをゲットすることができます。

※表は年会費が安い順に並べています。

カード名 カード年会費
本会員 家族カード
MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード 2万1,600円 1人無料
(以降3,240円)
JAL アメリカン・エキスプレス・カード プラチナ 3万3,480円 15,500円
三井住友トラストVISAプラチナカード 3万3,480円 無料
ラグジュアリーカード
(チタンカード)
5万4,000円 無料
三井住友プラチナカード 5万4,000円 無料
銀行系
VISAプラチナカード
5万4,000円 無料
ANA VISA プラチナ プレミアムカード 8万6,400円 4,320円
ラグジュアリーカード
(ブラックカード)
10万8,000円 無料
アメックス・プラチナ 14万400円 無料
ダイナースプレミアム 14万400円 無料
三井住友信託ダイナースクラブ プレミアムカード 14万400円 無料
BMW ダイナースプレミアムカード 14万400円 無料
ANAアメックス・プレミアムカード 16万2,000円 無料
ANAダイナースプレミアム 16万7,400円 無料
ラグジュアリーカード
(ゴールドカード)
21万6,000円 無料
アメックス・センチュリオン 37万8,000円 無料

まとめ

アメックス・プラチナカードなどになればプライオリティ・パス以外の特典も満載なのでプライオリティ・パス目的以外でも使い道があります。

ただし年会費がかなり高額ですね。

「プライオリティ・パスだけお得にゲットしたい!!」という方に一番おすすめなのは楽天プレミアムカードです。

海外旅行傷害保険も高額保証で付帯しています!(けが・病気に対して自動付帯で最大300万円など)

>>楽天プレミアムカード公式ページで発行する

ぶっちゃけステータスはあまりないですが、コスパが良すぎて僕も旅のお供に愛用しています!移動のとき空港が楽しみになります^^

楽天プレミアムカードは将来的に楽天ブラックカードにアップグレードでき、同伴者2名無料でラウンジが使えるのでおすすめです!

楽天プレミアムカードの詳細記事はこちら▽

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です