【0円で月5万円から始める】②ライターの収入発生の仕組みを徹底解説【副業ライティング講座】

しんのすけ
しんのすけ
「文章でなんでお金が稼げるの?」って疑問ありませんか?
僕もライターになる前にそう思っていました。

コンビニで働いてお金をもらえるのはなんとなくわかりますよね。商品が売れて、その利益からお給料がもらえる。シンプルです。

じゃあ一方でライターってなんでお金もらえるの?どこでお金が発生しているの?」

今回はこの疑問について解説していきます。

仕組みがわかるとライターとして何を重要視すればいいかが見えてきて、成果を出すスピードも早くなります。

この記事でわかること

・ライターの収入の発生の仕組み
・ライターとして活動する際に何を重要視すればいいか
・ライティング力が自分の人生にどう役立つか

ライターの収入発生の仕組みについて

あなたがもし会社で働いている場合、どこからお給料となる利益が発生しているかを具体的に知っていますか?

なんとなくはわかるかもしれませんが、ハッキリわかるという方は少ないのではないでしょうか。

収入源の発生元を知ることで、ライターとして稼ぐ場合に何にフォーカスすればいいかがわかってきます。

クラウドソーシングの案件を見ながら一緒に勉強していきましょう。

アフィリエイトから収益が発生している場合

1つ目はアフィリエイトから収益が発生している場合です。

おそらくライティング案件のほとんどの収入源はこれです。

「アフィリエイトってなに?」

という方のためにアフィリエイトの仕組みを解説しますね。

アフィリエイトとは記事の中で特定の商品をオススメする記事のことです。

すでに自社のアフィリエイトサイトを持っていて、そのサイトから商品が売れている企業や個人さんがいます。

その企業さんや個人が「もっと記事を増やしたいからライターさん手伝って!!」という感じでライターさんを募集しているんですね。

下記のような案件がその一例です。

サイトのジャンルにもよりますが、月間300万PVほどのサイトになると月に数百万〜数千万円の利益をあげているサイトになります。

サイトの記事更新のお手伝いをして、ライターが収入を得るという仕組みです。

自社コンテンツから収益が発生している場合

もう一つは、自社のコンテンツを販売している企業さんが、コンテンツの質を高めるためにライターを募集しているパターンです。

たとえば下記の案件を見てください。

「なんでアンケートやモニターだけでお金がもらえるの?」

と疑問に感じるかもしれませんが、お金を払ってでもアンケートを集めることで商品の改良につなげたり、口コミを集めることで商品の信頼性をあげる目的があります。

モニターとして商品を試しに使ったりできるので楽しいかもしれません。

ただあまりライティングスキルとは関係ない場合が多いのでスキルアップにはつながりにくいです。

ライティングは将来自分の武器になる

簡単ではありましたが、ライターがなぜ文章を書くだけでお金が稼げるのか?が理解できたと思います。

次はライターとして活動していると将来どういうことができるのか?について解説していきます。

ライターは”ただお金を稼ぐだけ”ではないんですね。

自分のサイト構築ができるようになる

クラウドソーシング上では「もうすでに収益が発生している人のお手伝いをする」というイメージです。

収益が発生している人のお手伝いをしている中で、自分のビジネスに応用することができます。

なぜならビジネスの原理原則は全て同じだからです。

たとえばあなたがライターとしてクライアントさんの元で働きながら学んだことは、自分のビジネスを組み立てる時にも絶対に役立ちます。

他人のお手伝いをすることができる

もちろん「自分のビジネスなんて考えてない…」という方もいるでしょう。

そんな方でもライティング力を身につけるベネフィットは十分あります。

ライティング力が身につくと、自分の人生に役立つだけでなく他人のお手伝いをすることができるようになります。

たとえば、自分の好きなジャンルや、自分の知り合いなどに「その商品を世の中に広めるお手伝いをしましょうか?」という感じで手助けできます。

ぶっちゃけ僕は「世界を旅しながらお金が稼ぎたい」という目的でライターをはじめました。

ライティング力を磨いていく中で、クライアントさんから感謝されるようになってライティングの力の本質を知りました。

野原様(※僕の本名です。しんのすけはライターネーム)
こんばんは。お疲れ様です。
こちらこそいつもお世話になっております。

ご報告いただきありがとうございます。確認致しました。

とても素晴らしい記事をありがとうございます!!
とても丁寧かつ具体的でわかりやすい内容、挿絵の画像のわかりやすさ、記事のクオリティが高くとても嬉しいです!

もしあなたが「自分が表に出るよりも人のサポートをする方が好き」という方は、ライティング力で人の手助けをすることができるようになります。

最強のサポーターになることでお金を稼ぐことができるようになります。

パソコン一台で稼げるようになる

ライティング力が身につくとパソコン一台で世界を旅しながらお金を稼ぐことも可能です。

「商品はあるけど、文章が書けない…」という企業は実はたくさんあります。

文章一つで商品の売上は爆発的に変わるんですね。

なので、ライティング力が身につけば自分の商品も売れるようになるし、他人の商品販売を手伝うことで収入を得ることができるようになります。

パソコン一台で世界のどこでも、もちろん自宅でもカフェでもお仕事ができます。

Webライターが抑えるべきポイントは?

ここまでしっかり読んでくれた方なら「文章を書くだけでなぜお金を稼げるのか?」がイメージできたと思います。

ライティングを行う上で多くの人は

  • 「正しい文章を書かなければいけない」
  • 「綺麗な文章を書かなければいけない」
  • 「すごいと思われなければいけない」
  • 「奇抜な文章を書かなければいけない」

などと勘違いしています。

読者・お客さんが探している情報を書け!

これはどんなビジネスでも同じですが、『お金を払ってくれるのはお客さん』です。

あなたの容姿、学歴、社会的地位、年齢、性別などなど、それらのことはお客さんにとっては全く関係ありません。

すごい文章なんて書く必要ありません。

ライターのお仕事は「お客さんが求める情報を、わかりやすく伝えること」です!

ライターとして磨くべきことはこの一点につきます。

次回予告:『仕事受注から報酬確定までの流れ』

今回の内容をまとめると下記の通りです。

・ライターの収入源は、サイト主が得ている広告料から
・サイト主が商品を売っている場合はその売上から
・ライティングで稼げばサイト構築の方法がわかってくる
・ライティング力が身につけば自分の商品を売れるようになる
・ライティング力が身につけば人の商品を売ってあげることができる
・「すごい文章」ではなく「お客さんが必要としてる文章」を書け

では第3回ではいよいよクラウドソーシングで実際に仕事をとって稼ぐまでの流れについて解説します。

こちらのリンクからどうぞ▽

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です